FC2ブログ

堂々と「システム障害」を名乗る協会

今日が「ウェブデザイン技能検定試験」合格発表の日のはずでした。ところが。

http://www.webdesign.gr.jp/wdsc/h21_2_wd.html

堂々と「システム障害」をうたってますが、システムの障害なのにお詫び文の掲載は出来てます。

合格発表のページはこの通り、何の変哲もないPDFの書類一枚なのです。PDF一枚をアップロードするのに「システムの障害」?

どこに障害があるわけ?
情報学的に、システム学的に、大雑把に分析するなら(スタートを受験当日として)

  1. 受験者本人が作成したデータを間違いなく収集する

  2. 収集したデータを採点・解析し、合格者と不合格者に分ける

  3. 合格者の一覧を抽出(エクスポート)→レポート作成

  4. PDF化

  5. HTML作成、アップロード


専門家ではないし、ほんとおおざっぱですが、こんなものではないでしょうか。
この過程にシステマチックな部分がどこに?ねえどこに?!
もしかして、本来の広義の意味で言う「システム」のこと?!
だとしたら、ある意味大規模障害のような、極小規模障害のような、うーん、哲学。

お詫び文はアップロード出来てるわけだから、ファイルのアップロードには問題がないはず。
だとしたら大げさに「システム障害」と銘打ってしまったのは、聞いてる方が恥ずかしいレベルの誤認識であって、さすが受験会場の不具合発生アリ、合格証重複発送アリ、まぁほかにも挙げればキリがないみたいなんだけど、わけの分からん手際の悪さ(杜撰ともいえる)連発の協会の仕事だけはあるものだと。

あれかなぁ、システム障害って言っておけば何か大丈夫とか思っちゃったのかなぁ。
システム障害か~、かっけー、みたいな。
あぁそうね、システム障害なら仕方ないよね、、てなるかっつの。
腐っても鯛、じゃないけど、受けてるのは一応ウェブの業界で生きてきた人間たち。
泣きながら徹夜で障害復旧、黄色い太陽を見たことのある人が、ある一定数居るはずなんだから。

某巨大掲示板では「お役所仕事だから17時までにアップなかったら明日でしょ」なんて書いてあって、あはは、面白いこと書く人だなと思ってたら

・・・ほんとにそうだったYO!(28日23時38分現在)

検定の問題も、ちょっと的外れなことも多いのですが、まだできたての資格ですし、割と寛容に見ていこうという空気もあるにはあるのですが、この体たらくはひどいんではないでしょうか。

今日、何度か協会に電話しましたが、終日「話中」になってました。ツーツー。

いつアップロードされるんでしょうね。
明日の出勤後、お茶でも飲みながら、というところなんでしょうね
スポンサーサイト



テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2に戻ってきました。

そもそもSeesaaに引っ越した理由は、何の前触れもなくFC2で広告表示が始まってしまったためでした。ぷんぷんに怒ってSeesaaに引っ越したあと、FC2の広告も非表示にできることを知りました・・・

それでもしばらくSeesaaを使ってみたんですよね。
広告は非表示なんですが、毎回キーワードマッチ(勝手に文字がリンクされてアフィリエイトになるという)のチェックボックスを外さなきゃならないし、管理画面が若干使いにくく、サイトもこれまた若干重い。どうしてもそう感じてしまい、使いなれたFC2に戻ってきました。

実際は、単にFC2になじんでしまっていたせいなのかもしれませんが。
いえ、もうひとつ大きな理由がありました。
ケータイがめっちゃ使いづらい!<Seesaa
自分のサイト見るのに毎回ログインしなきゃなんないてどういうこと?
え?それ以外の方法あったのかな?
とにかくSeesaaの画面をケータイで見ると妙に見難い。
主にPCでの作業中心だけど、どうしても子育てでゆっくり没頭できないから、ケータイはよく利用してる。
だから、ケータイをかなり使いやすくしてるFC2はやっぱり魅力と感じたってわけ。

そして、決してWeb初心者ではない?はず?(そう思いたい)の私なのに、何と公式ガイドまで買ってしまいました・・・

これから、時間のある時に、この公式ガイド片手に、少しずつ魅力あるページにしていきたいです。なんか、ほっとしたかも、FC2に戻ってきて。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

まなのプロフィール

しんまな

Author:しんまな
シングルマザーなんだけど最近それを忘れるなぁ。子どもが大きくなると割とどうにかなるもんだ。Webやさんで生きていくと決め、中小企業診断士の方は保留にしてます(要は勉強むり)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
にんじゃ
ボットチェッカー
グーグル先生いつきた?!
Googleボットチェッカー
きてくれたひと
Google+1
#
忍者アナライズツール作成
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク