Microsoft Office for Mac

MacintoshでOffice系のソフトを、なんとかインストールせずにビジネスを乗り切れないかと悪あがきしていたけど、やっぱ無理ってわかった。

ので、買う。

Microsoft Office for Mac

だと思うんだけど、さて、リンク先に色々情報があって分かりにくい。

365はクラウド上にしかデータが残らないらしいので却下としても、そのほかの比較がよーわからん。
あほい。

買って損したとかステマだとか、悪いことたくさん書いてあったんで結構ビビったけど、やっぱりOffice系に慣れている人間からしたら、買うしか無い代物なんである。
そう、これはNumbersとの比較です。
Numbersもそこそこ使いやすそうだったんだけど、やっぱり操作性のストレスを感じるくらいなら、同じソフトにしたが良いと思った。

片付けは未来の自分への投資

「片付けは未来の自分への投資」
この帯に惹かれて衝動買いした本があったくらい。
そのくらい、この言葉が好きです。
出典を調べたけど、どうしても確信が持てず。
でも多分、本田さおりさんの本だったと思うのです。
ちゃんとウラ取れたらまた掲載します。

私は片付けが苦手です。
生まれつき苦手で、どう頑張ってもできない。
ただ、一つだけいつもヒントになるなと思っていることがあって、職場では意外に片付けはかどるのです。
もちろん見られているからというのはあるけど、自宅では来客があっても平気で人を通してしまうあたり、そういう見栄はりともまた違う気がします。

そして何となく考えたのです。
もしかして苦手なのは「片付け」なのではなく「収納」というか、「定位置を作ること」なんじゃないかって。

定位置にものを戻すのはものすごい得意です。
例えば学校や保育園で仕事をしていた頃は、物が散らかっても必ず収納場所があるので、そこにきちんと一つ一つ戻していくのがとても楽しかった。
置き場所が決まってさえいれば何のストレスもなく片付けられる。

もう一つ私のすごい特徴だなと思うのは、定位置が変わるとものすごいストレスになるということ。
あるべき場所にあるものがないと、きいい!ってなります。

けど、一番苦手なのは、何もないまっさらな部屋に「どこに何を置けば?」と考えるステップ。
これが、致命的に人より能力がないように思う。

最近はPCでも部屋のレイアウトができるソフトがあって、これを使ったらものすごく助かった。
それ以上に、置いたり色変えたりがとても楽しくて、結構ハマる。
インテリアに興味がないわけではない、むしろ憧れもあればやりたいこともある。
しかも部屋の動線だけにはめちゃくちゃこだわるので、一度良い配置が決まりさえすればものすごく使い勝手の良い部屋が出来上がる。

過去に、とても良いと思った部屋が1つはある。
それに次ぐくらい、今の部屋も気に入ってる。

片付けをしていたら、一年前に買ったセントジョーンズワートのリラックスオイルが出てきた。
一段落ついたとき、手にとってマッサージしてみた。
手のひらに薄く伸ばして、てのひらにあるいろんなツボを押した。
出産する前は、ネイルも熱心に通っていて、その度にこうしてマッサージしてもらった。
思い出しながら柔らかく優しく自分の手をマッサージしてみて、はっと気がつくと、てのひらがほかほかしていた。

そういえば最近、体を温めるということもできてなかった。
もちろん酷暑のせいもあるけれど。

花の香りが大好き。お花も大好き。
いずれにせよ、私はこういうリラックスタイムを作らなきゃいけない。
久しぶりに自分を取り戻したような片付けタイムだった。

片付けは未来の自分への投資。
モチベーションが続かない時には、なんどもなんどもつぶやきながら。

宇多田ヒカル「Fantôme」

宇多田ヒカルのアルバムを買いました。

Fantôme



すっげー良かった!という感想までは正直いかないものの?
やはり買って損はないのが宇多田さんの良いところです。

CD買ったのなんて何年ブリだろう。
最近はすっかりダウンロードか、レンタルか、中古をアマゾンで。
けど本当に新品をお店に買いに行きました。
すごいことです、宇多田さん。
まなのプロフィール

しんまな

Author:しんまな
シングルマザーなんだけど最近それを忘れるなぁ。子どもが大きくなると割とどうにかなるもんだ。Webやさんで生きていくと決め、中小企業診断士の方は保留にしてます(要は勉強むり)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
にんじゃ
ボットチェッカー
グーグル先生いつきた?!
Googleボットチェッカー
きてくれたひと
Google+1
#
忍者アナライズツール作成
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク