資格取得で挫折しそう

弱った。
今年、国家資格で受けたいものが3つある。
3つというのは言いすぎで、2種類で一つは級が分かれてる。
んでもって、欲張ったらもう1種受けたい。これも級が分かれてるから、、

計5つの国家資格?!

試験日が重ならないことが奇跡のような。

なんていうか、自分がとっても無茶をしているのがわかる。
独身とか専業主婦(しかも子ども無し)だったあの頃ならともかく、今は何と言っても0歳児の母親、しかもシングルマザー。

仕事も細々ながらやらなきゃならない。
その状況で、ベビーを保育所に預けた一日数時間の勉強だけで、3つ(もしくは5つ)の国家資格を取得しようなんて、そもそも甘すぎなんだ。

授業に通うことはなんとか可能。
でも当然、授業は「予復習」を前提としたつくりになっている。
限られた時間で合格を目指す社会人のためのコースなのだから、それは当たり前とも思える。授業中に講師が「まさかゴールデンウィーク中全く勉強しなかったなんて受験生はいないと思うんですがね」と当たり前のように話していたのを聞いて、ゴールデンウィーク中、必死でベビの相手をして(普段保育所だからあまり遊んであげられないと思い)離乳食を作り、夜泣きに悩まされ睡眠不足で、ゴールデンウィークが明けるのをまだかまだかと心待ちにした私の立場からは、とてもその言葉を安らかな気持ちで聞くことはできなかった。もちろん、勉強はしたのだ。全くやらなかったわけじゃない。でも、受講のスタートが4月下旬だったので、まだ勉強法がつかめておらず、教科書のまる写し的な内容にとどまってしまったのは否定できない。

週に3回学校に通うのだけど、うち1回は朝猛ダッシュで運転しバスに乗り換える。うち2回は、夕方学校からバスで帰り猛ダッシュで運転して保育所に向かう。当然ベビーを乗せているときは運転に慎重にならざるを得ないけど、その分、時間がないと思ったら、一人で運転しているときはどうも気持ちに余裕がない。

・・・こんな日常が普通になってしまったら、いつか事故でもおこしちゃうんじゃないかって。そんなの本末転倒。

行き帰りの車の中では、ほぼ通信教育のフォーサイト
の音声教材(CD)を聞きまくっている。これについては、ベビーを乗せているときもガンガンで聞きまくっている。実に質の良い教材で、口コミの評判にたがわないものだと思う。これを聞いているお陰で、ライブ授業の吸収力が格段に高くなっていると思っている。ベビーの情操教育上どうかと本気で心配、、なので、さすがに最近はやめてFMラジオを聴くことにしている。洋楽やクラシックを聴く子になって欲しいな(自分が生粋のJ-POPERwなので憧れが)と思っているので、そういう番組を意図的に選んでいる。

子育てが一番大事と、この点だけはブレない。
でも、大切にベビーを育てるために、将来設計は絶対避けられない。
だとすると、国家資格を取ることも絶対前向きに考えていかなきゃならないことで、この選択は間違ってるとは思ってない。
ただ、普通の人が1~2年かかって合格するような資格を半年で取得しようとしている自分の無謀さに気づいてがっくりしているし、資産設計や将来設計という意味で、先にとっておいた方がよい資格があることに気がついた。

いま、一番メインで頑張って通っている学校の、休学制度を調べている。講師もかなり良質だし、2時間半という長丁場を飽きもせず聞けるこの講義の質の高さは捨てがたい。でも、このままでは確実に、息切れしてしまう。計画が、無茶なのだ。

明日、学校に電話して休学制度のことを聞いてみよう。

と、この段になって、余計なプライドが邪魔をする。
さっそく授業に挫折した人と思われるのは、正直シャクな感じがする。
自分で自分に大いに言い訳しているのがわかる。
間違いなく、フルスピードで半年勉強すれば、合格する腕前は持っている、と思いたい。けど、ここで休学してしまってはそれを立証することが不可能になる。

悔しいけど、でも、今年受かるのか来年受かるのか、ベビーがいてフルタイムで働けない以上、大差ないのではないかという気はしてきた。

はぁ。なんていうか、血迷ってる感じがします。
今日はもう、寝よう。

コメントの投稿

非公開コメント

かなかなのプロフィール

しんまな

Author:しんまな
シングルマザーなんだけど最近それを忘れるなぁ。子どもが大きくなると割とどうにかなるもんだ。Webやさんで生きていくと決め、中小企業診断士の方は保留にしてます(要は勉強むり)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
にんじゃ
ボットチェッカー
グーグル先生いつきた?!
Googleボットチェッカー
きてくれたひと
Google+1
#
忍者アナライズツール作成
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク