Welcome to my blog

★シングルマザーがやってきた★

ARTICLE PAGE

国債はどのくらいヤバいのか

http://kabukiso.com/manager/vol4.html

ね。国債ってヤバいヤバいって言うじゃありませんか。
これだけ借金だらけの国なんだから、国債に何の価値も無いし、元本割れどころか、無かったことにされてしまうだとか。

でも、私が指南書としてる内藤先生の本『【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法』には、個人向け国債(変動10年)を推奨してある。国債はヤバいという話を聞きあきているくらいの私にとっては、大切なトラの子の10%を国債に当てる勇気がないというか、、

そこで、もうちょっと頑張ってググってみると、こういう記事も出てきた。
http://www.news.janjan.jp/culture/0707/0707169146/1.php

こういう情報というのはすごく貴重だと思う次第です。何というか、今の世の中、日本国民が馬鹿にされ過ぎなのか、とにかく口当たりの良いものが売れて、しかもちょっと信憑性のある内容だとそれがさも全て事実のように巷で語られてしまうような。

私は経済に於いて初心者だけど、日本の借金がすごいことになってることは知ってる。国債は日本国の借金だということくらい分かる。でもじゃぁ日本のものを一切買うなということか。日本は本当に破たんするのか。格付けでAやAAというのは、本当にそんなに悲惨なことなのか。

先進国では最悪とは言うけれど、仮にも先進国。腐っても日本。そんな感じがどうしてもしてしまう。

ドルで買ってドルで暮らせば良いじゃないか、そういう時代が来る、と書いた本『現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる資産運用(改訂版)』も知ってる。けどそれって現実的ではないよね?将来海外で過ごせる人が世の中にどれくらいいるか。もちろん私もそれを全く視野に入れていない訳じゃないけど、今みたいに健康かどうかもわからないし、田舎から20代で上京しただけでもなかなか苦労だった、しかも10回海外に行けば9回は具合を悪くして帰ってくる私に、現実的に海外暮らしがベストかどうかは分からない。

日本でドルで売り買いする時代が来るとか。いやー、そんないきなりやってこないでしょう。国債の10年ものを買っている間に、そういう事態になるのか?

ということで、、、何だかいま一つ「国債買うな」の信ぴょう性に疑問を感じるまなみんであった。だから何を買えば良いのかというのも困るから、比率10%を7~8%に下げてはどうかなと思った。けど、国債がダメになる頃には、日本株式だの日本の投信だのもすべてダメになるんじゃ?そんなに海外依存になっていいのか?うーんやっぱよく分からんから、、そろそろ国債の売り出し時期だし、結局野村の個人向け国債を買っちゃうんじゃないかなぁ、って思う。

私としては一番分かりやすかったのはこの内容だろうか。

http://blog.school4money.com/u/item-884.html

そういえば、2000年頃に、まだ資産形成どころか貯金すらなかった、家計簿もまともに付けてなかった新米主婦だった私が、とりあえず何か買っとくべ、という感じで10年ものの国債を60万購入した。固定、利率1.7%。その半年後に証券会社のおねーさまに「いまどき国債買っちゃ駄目ですよ」と笑われたのだが、、結果はどうだったか。結局2008年になる今まで、一直線に金利は下がり続けた。いまどき1.7%もの利率の元本保証商品なんてそうそうない。おかげさまで、半年に一度、約5000円くらいのお小遣いが入ってくる。もちろん勉強不足だったというか、ずぼらだった私はそのせっかくの5000円を運用せずに使いきってしまってるので意味はないのだけどね。証券会社のおねーさまは、その1~2年後に「すみませんでしたあんなこと言って」と恥じ入っていた。いや、その業界のだれもが、その後あそこまでの低水準な金利になるとは思ってなかっただろうな。私なんて変動金利の意味も分からずに国債買ったんだから。

0 Comments

Leave a comment