Welcome to my blog

★シングルマザーがやってきた★

ARTICLE PAGE

おっぱい育児など本3冊

出産に備えて、3冊本を買いました。

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ
おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

どれも、アマゾンの書評を参考に買ったんだけど、、

アマゾンの書評って、本当に役に立つね。
新聞の書評やほんのあとがきなんかとは比較にならない。

これまでのところ、アマゾンの書評で★が多かったもの(もちろん投稿者の数がある程度あるものだけを参考にしてる、せめて二桁くらい)を買って後悔したことって、一度もない。

ちなみに、本だけでなく、割とキッチンのツールなんか利用してるんだけど、★の数の多いもので、使ってみたこと無いものとか、冒険で買ってみても外れ無し。最近でヒットだったのはこれ!



ちっ、もう少しスマートにリンクが作れるようにしてほしいんだけどな。
自分で画像用意したりするのも面倒だし。
まぁいっか。この画像で少しイメージしていただけると思う。グラスなんだけど二重になってて、熱いもの冷たいもの、外に熱が伝わりにくい。ということは、保温効果があるうえに、手で持ったときにアツアツのお茶も難なく握れちゃうということ。

これ、結構クセになる。
熱いハーブティーなんか飲むとすごくきれいだし。
お客様にも評判。
ボダム製、気にいってティーポットも買っちゃったくらい。

ちょと、話それたけど、最初に挙げた三冊で、今一番役に立ってるのがこれ!感動に近い。



これはぜひ、妊婦さんに読んで欲しいなぁ。
私みたいに、徹底的に(ストレスにならない程度の)自然主義の人間には、とにかく母乳で育てたい一心で、今もがんばってマッサージしてる。けど、こんなんで効いてるのか正直分からない。前に記事で取り上げたけど、桶谷式に行ってみようかと思いつつ、スパルタ式と聞いたのでちょっと怖くて。

そしたら、この本見て、すごく気が楽になった。今の時期のマッサージも、必須というほどのことではないらしい。

おっぱいは、赤ちゃんが吸ってくれて初めて出るもの。
お母さんも、おっぱいを出して初めて体調が整う。
それから、添い寝が大事。
私も、添い寝は危険だと思い込んでたクチだから、この説には「目から鱗」だった。(目から鱗は差別表現説どうなった、ずっと気になってる)

私の親は、母乳が全く出なかったそうです。だいたいが、育児に興味がなかったみたいだし、フルで働いていたし、また、この本にあるように、人口乳育児が一番ポピュラーだったころの時代の人。責めるつもりはないけど、母にはまったくこの件期待できないので、ちゃんと意見出来るほどの知識を身に付けておかなきゃならない。

2 Comments

しおじゃけ  

No title

うちも「らくらくすくすく育児」読みましたよ。
確か妻の場合もこれ読んでから、桶谷式をしようと思わなくなったようでした。

あとは添い寝とか抱っことかで一杯ふれあいをもったことから、妻が働くようになった今でも娘はお母さんに御執心です。

2008/07/05 (Sat) 09:16 | EDIT | REPLY |   

なお  

そうなんだ!

> しおじゃけさん

そうなんだ!先輩の意見が聞けて良かったです。
すごく薄い一冊で一気に読めてしまって、めっちゃ分かりやすかったんですよ。
あと、納得の連続。
母が出なかったと聞いてたので、ずっと不安だったんです。
オケタニ式しか評判知らなかったし、よくよく調べると良い評判ばかりでもないし、この本に出会えてよかったと思ってます。

可愛い娘さんと素敵な奥さまなのでしょうね~。

2008/07/05 (Sat) 19:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment